My Poems

2017年10月22日 (日)

エピソード

エピソード

 

 

枯葉舞い散る晩秋の公園

 

彫像の前に老人が佇んでいる

 

笛吹き少年の像

 

みずみずしい 細身の メルヘンチックな

笛を吹いている少年

 

眺める老人の胸に

おぼろな追憶がよみがえる

 

一人の夢見がちな園児が

群れを離れてこの像に見入っていた

 

晴れ渡った春の日

花壇には色とりどりの花が咲き

友達の騒ぎ声が聞こえていた

 

メルヘンの世界に託した憧憬

 

青年時代に この像のそばを通りかかったことがあった

だが ちらと見ただけ

 

憧れるもの 惹かれるものがどっさりあったから

 

今 老人はほろ苦い懐旧に浸っている

往時と変わらぬ初々しい像を前にして

 

過去はすべて夢幻(ゆめまぼろし)のようなもの

 

いつのまにか 少年と老人を夕闇が包み始めていた

2017年10月22日

2017年9月25日 (月)

ホームドア

ホームドア

 

 

最寄り駅にホームドアが設置されていた

 

まだ使われてはいないが

来月から稼働するという

 

車両に乗り込む時 なんとなく邪魔臭かった

あの仕切りに馴染むには少し時間がかかりそう

 

だがひとたび慣れてしまえば

メリットは大きいだろう

 

転落事故や駆け込み乗車の防止…

 

今日あの新しい仕切りを見て感じたのは

なによりも時代の流れだった

 

あらゆる駅にホームドアが設置された遠い将来

乗客たちは思うだろう

 

昔 この仕切りがなかった時

どんなに危険だったことか と

 

邪魔臭いなどと言ってはいけない

あれは安全確保にとって必要なものなのだ

 

ホーム内のエレベーターによるバリアフリー化

このたびのホームドア…

 

人にやさしい社会に向かって

文明は確実に進化している

 

 

2017年9月25日

2017年9月22日 (金)

木立

木立

 

 

行き付けのコンビニは

家(うち)から歩いて五分ほどのところ

 

いつものように白い袋を下げての帰り道

とある木立が目に入った

 

周りはことごとく住宅が建ち

そこだけが取り残されたかのよう

 

鬱蒼と茂る葉むら 曲がりくねった枝

雅趣あふれるそのたたずまい

 

見ごたえのある森がこんな近くにあったとは!

ささやかな充足感が込み上げてくる

 

が 次の瞬間 それは哀感に取って代わられた

早晩あの樹々も切り倒されてしまうのだろう

 

木立が伐採されて跡形もなくなり

さら地になった姿が亡霊のように浮かび上がる

 

そんなにもしっかりと地に根を張り

そんなにも涼しげな木陰を成しているあの森

 

押し寄せる宅地化の波に吞み込まれるのも

もはや時間の問題かもしれない

 

だがわたしは心の中でひそかに願っている

むなしい願いかもしれないが

 

おお 最後の武蔵野の面影 最後のオアシスよ

どうかいつまでもそこにあってほしい と

2017年9月22日

2017年9月19日 (火)

窓の向こうに

窓の向こうに

 

 

昼 広い窓の向こうに見えるのは

青い空と白い雲のみ

 

9階で臥床して見る窓外の光景に

都心の高層ビルは無縁だ

 

薄青色の空の中を

白い雲が音もなく軽やかに流れてゆく

 

ああ 本当に憧れているものは

あの青空にあるのではないか?

 

生の喜悦と神秘

そして永遠の憧憬を感得するこのひと時!

 

         *

 

夜 透明な窓の向こうに見えるのは

オレンジ色の東京タワーと白い月

 

文明と自然の演出する

魅惑のナイト・ビュー

 

今宵 都心の夜空に浮かぶお月様は

気持ち冷ややかで

無機質なタワーにお似合いだ

 

しばしこの新奇な取り合わせを賞玩してから

そっとカーテンを引き

白いベッドへ横たわる

 

 

2017年9月19日

2017年7月23日 (日)

青空の下で

青空の下で

 

 

よく晴れた日の正午前(まえ)

原付に乗って北千住方面に南下していた

 

青い空 白い雲

心地よく吹きつける風

 

他には何も感じずに

それらだけを道連れにひた走る爽快感!

 

生きている喜びを実感できたあの貴重なひと時は

記憶の宝石箱にそっと仕舞っておこう

 

 

2017年7月23日

2017年7月16日 (日)

夏の夕べ

夏の夕べ

 

 

店内にクーラーは効いていなかった

昔ながらの扇風機が送ってよこす生暖かい風

 

王子駅近くの小さな中華料理店で早めの夕餉をしたためる

ここの炒飯の味や如何に

 

向かいのテーブル席でこちらに背を向けて

黙々とラーメンを啜っている若い作業服姿の男性

仕事の合間なのか 終わった後なのか

 

カウンター席越しで熱気と油にまみれて立ち働いている

男性スタッフたちの中には

お店のあたりでよく見かける

自転車で出前をしているあのオッチャンもいる

 

ラジオが流れていた

DJとCMが交互に聞こえてくるあの独特の趣

 

今となってはもうはるか昔の追想

暑い晴天の夏の日の夕まぐれ

 

 

2017年7月16日

2017年6月17日 (土)

青い窓

青い窓

 

 

三階作業室の窓辺には人影もなく

青く染まったガラス窓越しに彼方の市街がほの見える

 

上方にはビルメンテナンスの養生の青い覆い

期間限定で光の色を黄から青へと変えている

 

荘厳な教会のステンドグラス

エキゾチックなイスラム陶器の文様

 

外と内とを隔てるこの神秘のコバルトブルーが

わたしの心をそっと夢幻の世界へ誘ってくれる

 

 

2017年6月17日

2017年6月10日 (土)

月と叢雲

月と叢雲

 

 

黄金色したまん丸い月が

真っ暗闇の虚空をほんのりと照らしている

 

あたりに漂う叢雲が

絵画的な風合いを醸し出す

 

月をかすめて叢雲が流れ去る

灯明をよぎる香煙のごとく

 

この静謐で神々しいつかの間の雲隠れが

初夏の夜空にいとも幽遠な趣を添えている

 

 

2017年6月10日

2017年6月 7日 (水)

名主の滝公園

名主の滝公園

 

 

王子駅からてくてく歩くこと10分

趣ある薬医門をくぐって園内に入る

 

濁り切った広い池には水草が生い茂り

大ぶりな鯉が悠揚と泳いでいる

 

落差8メートルの男滝は庭園のシンボル

その轟音と水しぶきが醸し出す爽やかな涼気!

 

林間の起伏に富む小径からは渓谷が望まれ

さながら深山幽谷を逍遥しているかのよう

 

 

2017年6月7日

2017年6月 4日 (日)

招き猫

招き猫

 

 

丈の高さ9センチ

白い小さな縁起物

 

赤い首輪に金の鈴

右前あしで招きのポーズ

 

そういえば 近年とりあえず

大厄には見舞われていないような

 

豪徳寺で求めたふっくらとした猫は

今日も棚の上でおすまし顔

 

 

2017年6月4日

より以前の記事一覧