My Poems

2018年5月20日 (日)

オリオン座

オリオン座

 

 

ふと見上げた寒天で

ひときわ光彩を放っている三つの星

 

一直線に並んだ

オリオン座のシンボルが

ふたたびわたしの目を惹きつける

 

はるか昔

星座表どおりに並んでいるきらめきを見て

いいしれぬ感動を覚えたものだった

 

時は流れ

地上の諸々は変われども

そして

わたし自身も移ろえども

あの天上の輝きは

少しも衰えていない

 

ああ 不変不滅のオリオンよ

この世のつかの間の客人たる

このわたし

 

いま

あらためて嘆賞する

 

古代エジプトの時代から

変わらず冬空に君臨し

人々に崇拝され続けてきた

あなたの雄姿を

 

2018年5月20日

2018年5月 8日 (火)

海へ

海へ

 

 

はるか昔

海へと続くひとすじの道を

ひとり歩いたことがある

 

夏だった

ただ大海原見たさに

晴れ渡った青空の下

心地よい微風を肌に感じながら

ややほこりっぽい砂道を

ゆっくりと歩いていった

 

ひなびた茶屋に立ち寄り

薄暗く幽玄な店内でひと息つく

柔和な顔をした老婆の出してくれた

舌触りのよい茶を飲みながら

 

外には人の通う気配もなく

暖簾が少しくはためいているのみ

 

ややあって

店を後にし

再び歩き始める

 

海はもうそこまで迫っていた

 

夏だった

わたしは青空と微風に抱かれていた

そしてしごく若かった

 

 

2018年5月8日

2018年5月 4日 (金)

走るレール

走るレール

 

 

もしもあなたが

電車に乗って

窓外に

線路を認めたなら

そして電車が

一定のスピードを

保ち始めたなら

レールを

じっと見つめてみてください

 

二本の長い長い

平行なレールが

無数の枕木の上を

走りすべっているように

見えることでしょう

 

するとあなたは

ひととき

非日常の世界に

遊ぶことができるでしょう

 

あなたを

没我の境地へと

いざなってくれる

ささやかながら

不思議で新鮮な

あの非日常の世界に

 

 

2018年5月4日

2018年4月23日 (月)

薔薇の涙

薔薇の涙

 

 

出会いは偶然だった

 

雨あがりの昼下がり

通りすがりのわたしの前に現れた

薔薇のひと群れ

 

つつましやかな一輪に

不可思議な力で引き寄せられてみれば

 

薄桃色のかんばせに真珠の涙

薄日に映えるほのかなトーン

 

嘆いているとは思えなかった

さりとて嬉し泣きしているふうでもなく…

 

霊妙なる自然の申し子よ

あなたに虚飾はなかった

 

ああ なんという麗容!

いつまでも色褪せぬ永遠のイメージ

 

 

2018年4月23日

2018年3月29日 (木)

記憶の中の肖像

記憶の中の肖像

 

 

そのご婦人は

どういうわけか

自宅の庭を開放していた

近所の子供たちのために

 

いちどお邪魔したことがある

 

燦燦と降り注ぐ午後の陽光の中で

緑の芝生と白いベンチが

異様に輝いていた

 

先客の見知らぬ子供たちが

天然の絨毯の上で

たのしげに戯れていた

 

ただ不思議なことに

時々姿を現すそのご婦人は

しごく無表情であった

 

彼女のまなざしは

はるか遠くに注がれていて

わたしたちには

なにも関心を示していないかのようだった

 

 

2018年3月29日

2018年3月21日 (水)

ドビュッシーの歌曲

ドビュッシーの歌曲

 

 

あの

朦朧とした趣がいい

 

フランス語はとんとわからないが

それはどうでもいいこと

 

旋律と響きこそは楽曲のいのち

 

優美かつ典雅な歌を

透明なピアノが縁取るとき

わがこころより

おぼろなイマージュが立ちのぼり…

 

今宵また

まなこをとじて

あの恍惚に身をゆだねてみようかしら

 

うたとしらべの妙なる融合がかもしだす

あの不可思議な恍惚に

 

 

2018年3月21日

2018年3月10日 (土)

航跡

航跡

 

 

晴れ渡った青空の下(もと)

吾妻橋(あずまばし)の中ほどにたたずみ

きらきらと輝く隅田川を眺めていた

 

一艘の小ぶりな貨物船が向かってきた

見る見る近づいてくる

背後に鮮やかな航跡を描きながら

 

すかさずコンデジを構え

シャッターを切る

 

うまく撮れたが

もはや水面(みなも)に船の姿はない

ただ航跡だけがたゆたっている

 

やがてそれも消え失せ

川は燦然たる面(おも)を取り戻した

 

わたしも川を流れゆく小舟の描く航跡

この世という川を流れるわが生(せい)が描くささやかな航跡

 

ひととき川にあらがい

また川に身をゆだね

川面(かわも)にかすかな跡を残してすみやかに消え去る

 

 

2018年3月10日

2017年10月22日 (日)

エピソード

エピソード

 

 

枯葉舞い散る晩秋の公園

 

彫像の前に老人が佇んでいる

 

笛吹き少年の像

 

みずみずしい 細身の メルヘンチックな

笛を吹いている少年

 

眺める老人の胸に

おぼろな追憶がよみがえる

 

一人の夢見がちな園児が

群れを離れてこの像に見入っていた

 

晴れ渡った春の日

花壇には色とりどりの花が咲き

友達の騒ぎ声が聞こえていた

 

メルヘンの世界に託した憧憬

 

青年時代に この像のそばを通りかかったことがあった

だが ちらと見ただけ

 

憧れるもの 惹かれるものがどっさりあったから

 

今 老人はほろ苦い懐旧に浸っている

往時と変わらぬ初々しい像を前にして

 

過去はすべて夢幻(ゆめまぼろし)のようなもの

 

いつのまにか 少年と老人を夕闇が包み始めていた

2017年10月22日

2017年9月25日 (月)

ホームドア

ホームドア

 

 

最寄り駅にホームドアが設置されていた

 

まだ使われてはいないが

来月から稼働するという

 

車両に乗り込む時 なんとなく邪魔臭かった

あの仕切りに馴染むには少し時間がかかりそう

 

だがひとたび慣れてしまえば

メリットは大きいだろう

 

転落事故や駆け込み乗車の防止…

 

今日あの新しい仕切りを見て感じたのは

なによりも時代の流れだった

 

あらゆる駅にホームドアが設置された遠い将来

乗客たちは思うだろう

 

昔 この仕切りがなかった時

どんなに危険だったことか と

 

邪魔臭いなどと言ってはいけない

あれは安全確保にとって必要なものなのだ

 

ホーム内のエレベーターによるバリアフリー化

このたびのホームドア…

 

人にやさしい社会に向かって

文明は確実に進化している

 

 

2017年9月25日

2017年9月22日 (金)

木立

木立

 

 

行き付けのコンビニは

家(うち)から歩いて五分ほどのところ

 

いつものように白い袋を下げての帰り道

とある木立が目に入った

 

周りはことごとく住宅が建ち

そこだけが取り残されたかのよう

 

鬱蒼と茂る葉むら 曲がりくねった枝

雅趣あふれるそのたたずまい

 

見ごたえのある森がこんな近くにあったとは!

ささやかな充足感が込み上げてくる

 

が 次の瞬間 それは哀感に取って代わられた

早晩あの樹々も切り倒されてしまうのだろう

 

木立が伐採されて跡形もなくなり

さら地になった姿が亡霊のように浮かび上がる

 

そんなにもしっかりと地に根を張り

そんなにも涼しげな木陰を成しているあの森

 

押し寄せる宅地化の波に吞み込まれるのも

もはや時間の問題かもしれない

 

だがわたしは心の中でひそかに願っている

むなしい願いかもしれないが

 

おお 最後の武蔵野の面影 最後のオアシスよ

どうかいつまでもそこにあってほしい と

2017年9月22日

より以前の記事一覧