日記・コラム・つぶやき

2019年5月11日 (土)

テレコムセンタービル展望台

お台場のテレコムセンタービルの21階にある展望台に行きました(午後6時から7時ごろまで)。

夜景に定評のある展望台ですが、情緒あふれるひともしごろのパノラマが印象的でした。

Dscn0065 Dscn0068 Dscn0070 Dscn0071 Dscn0072-2 Dscn0074 Dscn0076 Dscn0079 Dscn0084 Dscn0087

2019年4月17日 (水)

大観覧車

お台場のシンボル、パレットタウンの大観覧車に乗りました(午後5時半頃)。

強風で揺れるシースルーのゴンドラはちょっとスリリングでしたが、

いい思い出になりました(最後の4枚は青海駅で撮ったものです)。

Dscn0035 Dscn0037 Dscn0038 Dscn0039 Dscn0040 Dscn0041 Dscn0042 Dscn0043 Dscn0044 Dscn0045 Dscn0046 Dscn0047 Dscn0048 Dscn0050 Dscn0051 Dscn0052

2018年11月26日 (月)

神宮外苑いちょう祭り

ついに行ってきました!
この時期に行ったのは初めてです。
たいそうな人出でした。
Dscn0005
Dscn0007_2
Dscn0008  Dscn0009
Dscn0010
Dscn0013  Dscn0015
Dscn0016  Dscn0017
Dscn0012  Dscn0018
Dscn0019  Dscn0021
Dscn0022  Dscn0023

2016年4月28日 (木)

中国江南観光(DAY3)

3日目は再び上海市内観光です。
スタートは魯迅公園から。
Dscn8835  Dscn8836
Dscn8837  Dscn8838
Dscn8839  Dscn8843_2
魯迅の座像と墓。
Dscn8840  Dscn8842
Dscn8844  Dscn8848
Dscn8845
Dscn8846  Dscn8847
魯迅記念館
Dscn8849  Dscn8850
Dscn8851  Dscn8852
Dscn8853  Dscn8854
Dscn8855
Dscn8856_2  Dscn8857_2
Dscn8859  Dscn8858
すぐ近くの多倫路文化名人街へ。
Dscn8860  Dscn8861
Dscn8862
Dscn8863  Dscn8867
Dscn8864  Dscn8865
Dscn8866  Dscn8870
Dscn8868  Dscn8869
Dscn8871_2  Dscn8872_3
ここからシルク店(絹の生産工程等を見学)を経て、外白渡橋を渡り、今、大人気の田子坊(でんしぼう)へ。
シルク店で購入した4本セットの団扇。
Dscn0005
Dscn8873_2 Dscn8874
Dscn8875  Dscn8876
Dscn8877  Dscn8878
Dscn8879  Dscn8882
Dscn8880  Dscn8881
缶の意匠と香りのよさに惹かれて2種のジャスミン茶を購入(写真は自宅で撮ったもの)。
Dscn8912_2  Dscn8916
そして最後の観光エリア、豫園商場(よえんしょうじょう)へ(中国茶館の見学あり)。
Dscn8883  Dscn8886
「上海の浅草」は、たいそうな賑わいでした。
Dscn8885_2  Dscn8884_2
Dscn8887  Dscn8890
Dscn8888
Dscn8891  Dscn8892
Dscn8896_2  Dscn8894
Dscn8889 Dscn8898
Dscn8897_2  Dscn8899
Dscn8900  Dscn8901
上海って、東京に似ているのでは、と思っていました。確かに似てはいますが、欧化されているという点では東京以上で、洋館なども本物という印象で、なかなか味のある国際都市でした。エネルギッシュな人が多く、漢民族のパワーのようなものを感じました。人々の顔や雰囲気も日本人とよく似ていて、つくづく同じ人種であることを実感、異国にいながら、どこかノスタルジックな懐かしさ、郷愁のようなものさえ感じました。
最後になりましたが、多くの方にお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。
素敵な中国、そして素晴らしい出会いに感謝します!
 

2016年4月27日 (水)

中国江南観光(DAY2・part2)

無錫から蘇州に移動後、耦園(ぐうえん)(世界遺産)へ。
Dscn8781_2  Dscn8782_3
Dscn8780  Dscn8790
Dscn8784  Dscn8783
Dscn8786  Dscn8787
Dscn8788  Dscn8793
右上と下の写真は、この園の中心的建物の山水間(さんすいかん)。
Dscn8791_2
 
Dscn8792_2  Dscn8794
Dscn8789
Dscn8795  Dscn8798
Dscn8796
ここから京杭大運河(世界遺産)とその近くの公園へ。
Dscn8803  Dscn8804
Dscn8800 Dscn8799
Dscn8801  Dscn8802
この後、有名な刺繍研究所を見学し、巴国布衣という四川料理店(変面ショーあり)(右下はもらってきたショップカード)で夕食後、黄浦江ナイトクルーズへ。
Dscn8807 Dscn0003
Dscn8808
Dscn8809  Dscn8813
Dscn8812
上海のシンボル、東方明珠塔(とうほうめいじゅとう)。
Dscn8818
Dscn8816  Dscn8822
Dscn8823 Dscn8821 Dscn8830
Dscn8825_2  Dscn8829
Dscn8826
船内1Fの様子。とにかく騒がしかった!w
Dscn8832  Dscn8833
聞きしに勝る素晴らしい夜のクルーズでした。特にライトアップされた外灘の美しさは格別で、コンデジのムービーなどでは到底伝えられませんが、 ほんの一端だけでもと思い、載せてみました。
 

2016年4月26日 (火)

中国江南観光(DAY2・part1)

2日目は無錫蘇州に行きました。
無錫市中心部にある南禅寺
Dscn8728  Dscn8732
Dscn8734  Dscn8736
Dscn8735  Dscn8737
Dscn8738  Dscn8742
Dscn8739  Dscn8741
Dscn8743  Dscn8744
Dscn8745  Dscn8746
Dscn8731
恵山古鎮(清代の古い家並みを再現したエリア)。
Dscn8749
Dscn8748   Dscn8751
Dscn8752  Dscn8753
Dscn8755  Dscn8756
Dscn8758  Dscn8759
Dscn8760  Dscn8762
Dscn8763  
Dscn8764
Dscn8765  Dscn8766 Dscn8767
Dscn8768  Dscn8769
Dscn8770  Dscn8772
ここから太湖湖畔へ。
Dscn8773  Dscn8774
淡水真珠工場
Dscn8779  Dscn8777
Dscn8778  Dscn8776
 
 

2016年4月25日 (月)

中国江南観光(DAY1)

先日、初めて中国江南地方(上海、無錫、蘇州)に2泊3日で行ってきました。
初日は上海市内観光です。
行きの飛行機の中から見えた富士山
Dscn8662_2
まずは上海博物館へ。
Dscn8665  Dscn8666_2
有名なものや、面白そうなものだけをざっと鑑賞しました。
(このミュージアムは一部を除き写真撮影OK)
Dscn8667  Dscn8668
Dscn8669  Dscn8670
Dscn8671  Dscn8672
Dscn8673  Dscn8674
Dscn8675_2  Dscn8686_2
Dscn8678  Dscn8679
Dscn8687  Dscn8688
Dscn8676  Dscn8677
Dscn8681_2  Dscn8682_2
Dscn8680_2  Dscn8683_2
4Fから吹き抜けを見るとこんな感じ。
Dscn8685_2  Dscn8684_2
ミュージアムショップで購入した3枚の仕女画のポストカード。
Dscn0008
Dscn0009Dscn0010_3
ここから外灘(わいたん)へ。
東方明珠塔が見えた時には、いささか感動しました。
Dscn8691
Dscn8689  Dscn8690
Dscn8702  Dscn8692
Dscn8693
Dscn8697
 
Dscn8698  Dscn8699
ここから見た浦東(ほとう)(外灘の川向う)の眺め。
Dscn8694_2
Dscn8696_2  Dscn8695_4
以下は、バスの車内から撮ったもの(やたらと高層ビルが立っています)。
Dscn8707  Dscn8708
Dscn8709  Dscn8710
Dscn8712  Dscn8713
Dscn8714  Dscn8719
上海雑技を堪能してからホテルへ着きました。

2015年4月29日 (水)

三渓園 & 称名寺庭園

三渓園(さんけいえん)と称名寺(しょうみょうじ)庭園という、横浜の二つの名園を、二日かけて観賞してきました。

第1日目は、上野東京ラインの横浜駅から根岸線に乗り換え、根岸駅で降車、そこからバスを利用し、「本牧(ほんもく)」で降り、10分ほど歩いてようやく三渓園までたどり着きました。

Dscn8174 Dscn8176

入園するなり、目に飛び込んできた素晴らしい光景に、久々に感動してしまいましたw

Dscn8177  Dscn8179

Dscn8178

Dscn8181  Dscn8188

Dscn8185  Dscn8186

Dscn8191  Dscn8192

Dscn8197_2  Dscn8198_2

下の写真がこの園の中で最も有名な「臨春閣」で、京都の桂離宮と並び称されるもの。この建築物があるため、三渓園は「東の桂離宮」とも呼ばれています。

Dscn8194_2

Dscn8195  Dscn8199

Dscn8200  Dscn8204

Dscn8202  Dscn8205

Dscn8206_2  Dscn8207_2

Dscn8210  Dscn8209

Dscn8212  Dscn8219

Dscn8217  Dscn8221

Dscn8223_2

ここから中華街へ行き、萬珍樓本店でかなり遅いランチ。

Dscn8225  Dscn8227

Dscn8228  Dscn8229

五目炒飯は點心舗とまったく同じテイスト。黒豆杏仁豆腐黒ゴマソースは、オレンジの味が効いていてなかなか美味でした。

三渓園はエリアが広いうえに起伏にも富み、またワタクシの場合、写真を撮るというタスクも加わり、いささか疲れましたが、見ごたえのある景観を満喫したことで言い知れぬ充足感を味わうことができました。

2日目は同じく横浜駅から京急本線を利用して金沢文庫駅で降り、歩くこと約15分、称名寺惣門(赤門)に到着、近くのふみくら茶屋という食事処で穴子天丼をオーダー。穴子料理を得意とするお店だけにテイスティーでした。

Dscn8232  Dscn8233

Dscn8234  Dscn8236

Dscn8237  Dscn8238

仁王門を過ぎるとかような浄土式庭園が。

Dscn8240

Dscn8244  Dscn8245

Dscn8246_2  Dscn8249_2

Dscn8247_2  Dscn8252

Dscn8254  Dscn8259

30年ほど前に、鎌倉時代の絵図に従って復元された庭園ですが、小規模で地味ながら、三渓園などとはまた違った古雅で落ち着いた趣がありました。

2013年7月16日 (火)

都市農業公園

都市農業公園(足立区)に行ってみました。

Dscn3614

Dscn3618

Dscn3620

Dscn3621

Dscn3630

Dscn3625

Dscn3627_2

Dscn3623

Dscn3624

Dscn3628

Dscn3641

Dscn3633

Dscn3637

Dscn3639

Dscn3640

Dscn3634

Dscn3636

Dscn3635

Dscn3643_2

Dscn3632_2

Dscn3644

Dscn3645

Dscn3646

Dscn3647

Dscn3648

お気に入りのスポットがまた一つ増えました

2013年7月14日 (日)

小金井公園~殿ヶ谷戸庭園~滄浪泉園

23区以外でかねてから気になっていたスポットに行ってみました。

小金井公園

Dscn3529

Dscn3531

Dscn3537

江戸東京たてもの園へ。

Dscn3539

Dscn3540

一番気に入ったのがこのデ・ラランデ邸という建物でした。

Dscn3541

Dscn3543

Dscn3544

Dscn3545

Dscn3550

Dscn3554

Dscn3555

Dscn3557

Dscn3558

Dscn3560

Dscn3561_2

Dscn3562_2

Dscn3563

Dscn3564

Dscn3566

Dscn3567

Dscn3568

ランチ(カツサンドとアイスティー)はこんな感じ。

Dscn3570

ここから殿ヶ谷戸(とのがやと)庭園へ

Dscn3572

Dscn3573

Dscn3574

Dscn3575

Dscn3577

Dscn3578

Dscn3579

Dscn3580

Dscn3582

Dscn3584

Dscn3586

Dscn3587

Dscn3588

Dscn3589

さらに滄浪泉園(そうろうせんえん)に向かいました。

Dscn3590

Dscn3591

Dscn3594

Dscn3597

Dscn3598

Dscn3600

Dscn3601

Dscn3603_2

Dscn3606

Dscn3608

どこも武蔵野の面影を色濃く残す、印象的なスポットでした。

より以前の記事一覧