« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月29日 (土)

目印

     目印

 

 

なぜかいつも

そこで

電車を待つ

 

地下鉄のプラットホーム

 

さるリーズナブルなホテルの広告の正面

 

パネルの片側で

緑の帽子をかぶった女社長が

ご満悦げにこちらを見ている

 

 

        2019年6月29日

2019年6月15日 (土)

ミルクスタンド

     ミルクスタンド

 

とうの昔に消え果てていると思っていたものが

あったのだ

 

ミルクスタンド

 

秋葉原駅のホーム

昔ながらのあの位置に

あのたたずまいで

 

パンと牛乳を交互に口に運んでいる

客人たちの姿も健在だ

 

めまぐるしい変化を遂げつつある秋葉原にあって

なお変わらないもののゆかしさ…

 

立ちながらにしてパンとミルクをほおばれる手軽な売店

 

ミルクスタンドよ永遠に!

 

        2019年6月15日

2019年6月12日 (水)

     朝

 

 

根気よく降り続いていた雨も

どうやらお疲れのよう

 

梅雨の雨あがりは

あの湿り気を帯びた空気が心地よい

 

広い車窓を横切っていく

くさぐさの風物

 

荒川は眺望はるかに滔々と流れゆき

 

飛鳥山公園の紫陽花は今年も盛況

 

尾久駅は相変わらずひなびていて

 

広漠たる雲がちの空に

清澄なる青い晴れ間が見えた

 

 

       2019年6月12日

2019年6月 5日 (水)

公園のベンチにて

     公園のベンチにて

 

まちなかの公園には

そんなに楽しいものはなさそうです

 

あまりきれいでもないベンチが

広いスペースを取り巻いていて

 

みなさんそれに腰掛けて

煙草を吸ったり スマホをいじったりされていますが

 

なんとなくけだるいような

退屈そうなご様子です

 

時々 笑顔で話を交わす仲間たちや

仲睦まじいカップルも見受けられますが

公園そのものをエンジョイしているわけではないでしょう

 

煙草の吸殻やコンビニの袋が落ちていますし

所在なさげに歩を進める鳩も

小さな花壇に咲く花も

どこか垢じみています

 

まちなかの公園には

そんなに楽しいものはないのです

 

あるものといえば

粉塵にまみれて色艶の衰えた樹々と

思いついたように吹き過ぎてゆく風ばかり…

 

        2019年6月5日

2019年6月 1日 (土)

好ましきもの

     好ましきもの

 

 

壁にかかっている絵

 

巴里

セーヌ川

すがれた樹木

陰鬱な空

 

オフィスの廊下にビュッフェの風景画は必要だろうか

 

ただ

癒される者は癒されるのだ

 

 

     2019年6月1日

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »