« オリオン座 | トップページ | 真昼の公園 »

2018年5月22日 (火)

行かなかった道

行かなかった道

 

 

薄曇りの昼下がり

とある瀟洒な住宅街を彷徨したことがある

 

白壁の洋館の立ち並ぶその端正な街区を

一本の道が貫いていた

 

かなたで上り坂になっていて

その先がどうなっているのか

知りたい気がなくもなかったのだが

行かずじまいになってしまった

 

あの坂を上ったら

もう行き止まりだったのだろうか

それとも

道はまだまだ続いていて

新奇な景観が開けただろうか

 

いま

おぼろな記憶からよみがえってくるのは

仏蘭西菓子マドレーヌのような

スパゲティナポリタンのような

ルビー色したビロードのような

いともシックな家並み

 

そして

先行きのわからない

ミステリアスな

ひともとの道

 

 

2018年5月22日

« オリオン座 | トップページ | 真昼の公園 »

My Poems」カテゴリの記事