« 五月のブールヴァール | トップページ | 手賀沼と女優N »

2017年5月21日 (日)

鍵と「野草」と炒飯

鍵と「野草」と炒飯

 

 

 ほんのささやかな出来事が いつまでも記憶の片隅にあって 時折妙に懐かしい思い出となって甦ることがあるものだ

ずっと以前のこと 東北地方のK市の某ビジネスホテルに一泊したことがあった  なぜK市に行ったのか 不思議と思い出せない  私用であったことは確かなのだが

 まだたいそう若く 孤独で 文学を愛していたあの当時のわたし  K駅から町の西部にあるホテルまで歩いていく  折から埃っぽい強風が吹きつけ 決して快適な行路ではなかった

 着いたのはチェックイン前  割と広めのロビーで ゆったりとした茶色いソファーに腰掛けて しばらく待たねばならなかった  バッグから一冊の薄い文庫本を取り出して読み始める  魯迅の「野草」  たまたま所持していたのだが この近代中国文学の父のものした散文詩は いたく読みごたえがあった

 部屋に入ってからどのようにして過ごしたかは とんと忘れてしまったが 深夜 おそらくはドリンク類を自販機で購入しようとして 廊下へ出たのだった  ありがちなことだが 鍵を部屋の中に置いたまま オートロックがかかってしまい 入ることができなくなってしまった  フロントへ行き 夜勤のおじさんに合いカギを所望  少しく苦笑いしながらも 快く部屋まで同行してくれた

 翌日 K駅近くの飲食店街で食事をしたためる  何にするか多少迷ったが やはり中華料理店で 大好きな炒飯をオーダー  味 量ともに満足のいくものだった

 こんなふうにしてK市での二日は過ぎていった

 取り立てて言うほどのドラマが起こらなかったにもかかわらず 時々思い起こすのはなぜだろう?

 このあいだ「野草」をもう一度読んでみた  やはり素晴らしい  改めて魯迅の文学的才能に脱帽した

 炒飯は今でも時々食している  この好物はこれからも付きまとうだろう

 この不思議な懐旧は 若さと 詩情と 美味がないまぜになった ほろ苦い青春のノスタルジーなのかもしれない

 

 

2017年5月21日

« 五月のブールヴァール | トップページ | 手賀沼と女優N »

My Poems」カテゴリの記事