« 魔法の旋律 | トップページ | 白壁の館 »

2017年5月 7日 (日)

光の二面相

光の二面相

 

 

朝な夕な

陽光に浴している

 

さし上る太陽の光

沈みゆく太陽の光

 

晴天の日には

とりわけ順光と逆光がはっきりしている

 

あたりの風物をごくナチュラルに映してくれる

目にやさしい順光

 

時として苦痛を感じるほど強烈でまぶしい

目に厳しい逆光

 

順光はいつも自然で快い

電車に乗って窓外を見やれば

明るくクリアな景色が目路はるかに広がっている

 

だが逆光は一筋縄ではいかない

日差しの強い午後など

鉄橋を渡る電車の中で

まともに照りつけるまぶしい光を避けようと目を閉じていたにもかかわらず

鉄柵の黒い影がちらちらとまとわりついたものだった

 

順光にはワンクッションがあり

その物腰はいたって穏和である

 

だが逆光は森羅万象をはぐくむ太陽の原始的なエネルギーを感じさせてくれる

そこには太陽の強烈なアピールがある!

 

 

2017年5月7日

« 魔法の旋律 | トップページ | 白壁の館 »

My Poems」カテゴリの記事