« 夕暮れの調べ | トップページ | 黄昏の月 »

2017年3月11日 (土)

すれ違う女

すれ違う女(ひと)

 

 

何の因縁かは知らないが

毎朝 すれ違う女(ひと)がいる

 

線路沿いの小道

きまって陸橋の下あたりで

彼女は南へ わたしは北へ

 

アラサーくらいで中肉中背

ほどよい長さのつややかな黒髪

白いマスクで半ば覆われたやさしげな顔(かんばせ)

 

いつもシックな黒いコートに身を包み

右腕で銀色の松葉杖をついている

 

だが 彼女の足取りは軽やかで歩調は速やかだ

 

控えめな音をたててリズミカルに地に触れるその杖は

もはや体の一部と化してしまったかのよう

 

ところで先日の夕刻

帰宅途中でも彼女とすれ違った

彼女は北へ わたしは南へ

 

この時ばかりは 彼女もちょっとにんまりした

ように思われた

 

何の因縁かは知らないが

毎朝 すれ違う女(ひと)がいる

彼女は南へ わたしは北へ

 

 

 

2017年3月11日

« 夕暮れの調べ | トップページ | 黄昏の月 »

My Poems」カテゴリの記事