« 公園のベンチ | トップページ | さら地 »

2017年1月 2日 (月)

冬木

冬木

 

 

高層団地の中庭に

ひともとの落葉樹が立っている

 

今は冬枯れの季節

 

すっかり葉を脱ぎ捨て

枝と幹だけになった

もの寂しげな冬木

 

だが忘れてはならない

新たな季節が巡ってくることを

 

春ともなれば

この木も そこかしこから

みずみずしい若葉を生じさせ

緑の衣をまとうことだろう

 

そして夏から秋へと季節が移りゆき

黄褐色になった衣を再び脱ぎ捨てるのだ

 

この木には 密やかな叡知が宿っている

自然の摂理に従って生きねばならぬという

 

ひっそりと 黙して語らぬひともとの冬木

 

今 この中には大いなる生命力が潜んでいる

 

 

 

2017年1月2日

« 公園のベンチ | トップページ | さら地 »

My Poems」カテゴリの記事