« 月夜のドニエプル川 (クインジ) | トップページ | ウラジーミル街道 (レヴィタン) »

2013年9月 9日 (月)

モスクワの中庭 (ポレノフ)

Photo_3

ヴァシリー・ポレノフ(ロシア 1844~1927)はペテルブルグ大学に通うかたわら美術アカデミーでクラムスコイらに師事し、イタリア、フランス、ドイツ、エジプト、ギリシア等を遍歴しました。

『モスクワの中庭』(1878年 油彩・カンヴァス 65×80㎝ モスクワ、トレチャコフ美術館)はポレノフの作品群の中で最もよく知られているもので、当時アルバート地区にあった救世主教会の伽藍や納屋、荒地で遊ぶ子供たちやバケツを持った女性、そしてヒナギクを初めとする植物群等の描写に、画家の温かいまなざしが感じられます。

« 月夜のドニエプル川 (クインジ) | トップページ | ウラジーミル街道 (レヴィタン) »

ロシア絵画(作品別)」カテゴリの記事

コメント

この 子供たち可愛いですね。チィルレの絵bを思いました。

> kawasemi さん

この絵の中の子どもたちは本当に可愛いですね。
心温まるような絵だと思います。

おとぎの国の絵本かと思いました。
ロシアにもこんな明るい絵があったんですね。

> Ray さん

私が訪れた時のモスクワは、お天気続きだったことも手伝って
想像していた以上に、この絵のような明るい雰囲気に包まれていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モスクワの中庭 (ポレノフ):

« 月夜のドニエプル川 (クインジ) | トップページ | ウラジーミル街道 (レヴィタン) »