« 廃墟と教会のある風景 (ロイスダール) | トップページ | 宮殿河岸の眺望 (アレクセーエフ) »

2013年9月 2日 (月)

洗馬 (安藤広重)

Photo

『洗馬』(大判錦絵)は、安藤(歌川)広重(1797~1858)の「木曾海道六拾九次」シリーズの中で最も有名なものの一つです。

信州の奈良井川での月夜の情景を描いたこの作品には、広重らしい日本的な情調が漂い、どこか懐かしさすら感じさせられます。

« 廃墟と教会のある風景 (ロイスダール) | トップページ | 宮殿河岸の眺望 (アレクセーエフ) »

日本絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗馬 (安藤広重):

« 廃墟と教会のある風景 (ロイスダール) | トップページ | 宮殿河岸の眺望 (アレクセーエフ) »