« レオポルト・ヴィルヘルム大公の画廊 (テニールス) | トップページ | 無原罪のお宿り (スルバラン) »

2013年5月 6日 (月)

浮間(うきま)公園

東京都北区にある浮間(うきま)公園に行ってみました。

この公園の中心、浮間ヶ池の周りを歩いてみました。

Dscn2054

シンボルの風車

Dscn2056

まわりには彫刻と花がしつらえられています。

Dscn2057

Dscn2059

Dscn2060

並木道。

Dscn2062

Dscn2063

この公園のすぐ北にある堤からは、荒川を隔てて川口、戸田方面の眺望が開けています。

Dscn2064

Dscn2066_2

Dscn2067

堤から見た浮間公園(例の風車が中ほどやや右に見えます)。

Dscn2069

花壇には綺麗な花が咲いていました。

Dscn2071

Dscn2072

« レオポルト・ヴィルヘルム大公の画廊 (テニールス) | トップページ | 無原罪のお宿り (スルバラン) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一面に咲いた花がきれいですね!
お天気もよくてとても気持ちよさそうです♪
風車、見てみたくなりました。

舎人公園もその他の公園も 東京や関東は広いね
関西に無い 公園です。 山になってしまうのです。
林が 好きで憧れです。熊野は常緑樹がほとんどです。
丹波の山も 美山の里も 日本昔話しの風景です。

> Ray さん

この風車は羽根車もゆっくりと回っていて、
公園にのんびりした風情を添えていました。

> kawasemi さん

関東と関西では対照的な面がいろいろありますが、
おっしゃるように地形もその一つでしょうね。
平野が見たくなったら関東へ、山が見たくなったら関西へ行く、
なんてのも乙じゃないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浮間(うきま)公園:

« レオポルト・ヴィルヘルム大公の画廊 (テニールス) | トップページ | 無原罪のお宿り (スルバラン) »