« 受胎告知 (エクスの受胎告知の画家) | トップページ | トロイから脱出するアイネイアス (バロッチ) »

2013年3月18日 (月)

スグリの実 (トルストイ)

Photo_7

フョードル・トルストイ(ロシア 1783~1873)は彫刻、素描、油彩、影絵等、多方面にわたって活動し、作家のプーシキンやゴーゴリ、画家のブリュローフらロマン主義文芸の代表者たちとも親交がありましたが、なによりも優れたメダル製作者としてその名を残しています。

『スグリの実』(1818年 グァッシュ・紙 17×24㎝ モスクワ、トレチャコフ美術館)はトルストイのメダル製作者としての精巧さが活かされた秀作で、赤と白のスグリの実や下方に見える露の描写に、画家の透徹したリアリズムと美的感覚がうかがわれます。

« 受胎告知 (エクスの受胎告知の画家) | トップページ | トロイから脱出するアイネイアス (バロッチ) »

ロシア絵画(作品別)」カテゴリの記事

コメント

17世紀の作品なのですね?
リアリスティックでありながら、不思議に遊び心があって、
当時のロシア文化って、本当に掴みどころが不明です(^^;;)

とっても素敵な絵ですね!
アンティークのブローチみたい…^^

> 猫スキーさん

画面下の露などは、まさに「遊び心」に由来するものでしょうね。
紙に描かれた小品ながら、隅におけない作品だと思います。

> 一葉さん

私も果実というよりアクセサリーのように見えました。
人工的な感じがまたユニークな面白さを演出しているようです。

日本画のような隙の無い完成美を感じました。
拡大しても露は3Dに見えます。
だまし絵のようなリアルさは、宝石のデザイン画に近い物がありますね。

> Ray さん

この時代にこれほどリアルに描いていることには
ただただ驚くばかりです。
ひずみがないぶん、写真よりも真に迫ってますね。

面白いです。それと 生活感を感じます。ロシアの
チャイはベリー類も多いですが 森で夏スグリを山ほど
とっているのを見たことあります。バケツいっぱい。
保存食みたいです。

> kawasemi さん

ロシアといえばキノコ狩りも有名ですね。
ロシア人は本当に「バケツいっぽい」に
採るのが好きみたいですね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スグリの実 (トルストイ):

« 受胎告知 (エクスの受胎告知の画家) | トップページ | トロイから脱出するアイネイアス (バロッチ) »