« フランクフルトのホルツハウゼン公園 (トーマ) | トップページ | ポントアーズの丘 (ピサロ) »

2012年10月 8日 (月)

築地~佃~丸の内

先日、築地に行ってみました。

築地場外市場のあたりです。

Dscn1238

ところで、この日築地に行った主要な目的は、海鮮丼を食することでした。

あらかじめ「仲家(なかや)」というお店を利用することに決めていました。

オーダーしたのはトロ・ウニ・イクラ丼。

Dscn1242

さすがにネタが新鮮で美味しかったです^^

地下鉄大江戸線で「月島」へ。

相生橋から見た石川島公園(左側)。

Dscn1246

石川島公園から見た相生橋。

Dscn1250

水鳥さんの姿も。

Dscn1258

公園の突端部にはパリ広場があります。

Dscn1267

この広場にある「佃テラス」という木造の見晴らし台から望む永代橋方面。

Dscn1278_2

Dscn1279

公園内にはちょっとした花壇もあります。

Dscn1281

中央大橋から見た永代橋方面。

Dscn1283_2

中央大橋を過ぎると佃公園のエリアに入ります。

「みどりの風」の像。

Dscn1288

ベンチで休んでいると、観光客船が通り過ぎてゆきました。

Dscn1290

海上安全、渡航安全の神として信仰を集めていた住吉神社

Dscn1298

佃エリアらしい光景。

Dscn1302

ここから地下鉄有楽町線で「有楽町」へ。

丸の内仲通りで見かけたリカちゃんの像。

Dscn1309

Dscn1312

こんなオブジェも。

Dscn1313

三菱一号館。

Dscn1316

生まれ変わったばかりの東京駅の駅舎をみるのも、この日の楽しみでした。

Dscn1317

Dscn1322

新丸ビル。

Dscn1324

ふと後ろを見ると、丸ビルの上のほうで東京駅見物とおぼしき人だかりがしていたので、上がってみました。

Dscn1328

上から眺める東京駅もまたイイものです。

Dscn1329

Dscn1331

ここから新丸ビルに向かいましたが、やはり東京駅を撮影している人が多かったですね。

Dscn1334

この反対側(皇居方面)はこんな感じ。

Dscn1335

新丸ビルの5Fにある「かつ吉」で夕食。

Dscn1337

ロースかつ定食をオーダーしてみました。

Dscn1339

夜の東京駅もまたよし、で、ここでもたくさんの人がカメラや携帯(スマホ)を構えていました。

Dscn1340

Dscn1345

Dscn1346

北口のドーム天井もなかなか見ごたえがありました。

Dscn1350

« フランクフルトのホルツハウゼン公園 (トーマ) | トップページ | ポントアーズの丘 (ピサロ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

セレブなごはんですね~

いつもマックなので羨ましいですね^v^;

ただとんかつが小さいような・・・@-@;?いいとんかつは小さいのかしら。

築地あたりへ一度行ってみたいところです。佃島があった江戸のころ
佃煮を作っていたのですね、あの辺はじめて見ましたが 絵になり
そうです。 東京駅のあのドームの周りがホテルだって 一度とまったこと
あります。重厚な 古いホテルで古いロシアのホテルと 似ていました。
いつも 歩いて廻っているのでしょうか?

> あたんさん

やはりお気づきになられましたねw
とんかつは「小」をオーダーしたのです。
理由としては、さほど空腹でなかったこと、
メタボ予防、そしてお値段が安くなること、です。
でも私にはちょうどいいくらいの量でした。

> kawasemi さん

佃はまさに「佃煮」発祥の地なのですが、
近年、佃煮関係のお店はかなり減っているそうです。
東京駅のホテルにお泊りになったことがあるなんて、
うらやましいですね。
そういえば最近、リニューアルした東京駅の中にあるホテルが
一泊約80万円ということで話題になっていました。

東京駅のホテルは リニューアル前のときです。80万も
今するのですか・・。 むかしのは 天上が高くカーテンは
どこかビロードで、古かったですが、丁寧に作られていました。
私が、出せる お値段でした。

> kawasemi さん

東京ステーションホテルの宿泊料は、
1泊約3万円~80万円と幅広いのですが、
やはり高級ホテルだと思います。
1泊80万円ですか・・・
どんな部屋でどんなサービスなのか、皆目見当がつきませんねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 築地~佃~丸の内:

« フランクフルトのホルツハウゼン公園 (トーマ) | トップページ | ポントアーズの丘 (ピサロ) »