« 長久保 (安藤広重) | トップページ | ロマンス『ぼくはひとりで道に出る』(レールモントフ作詞) »

2012年9月24日 (月)

深川~築地本願寺~佃公園~銀座

先日、初めて深川を訪れました。

まず足を運んだのが、深川不動堂です。

寺院の前に伸びている「人情深川ご利益通り」はちょっと風情がありました。

Dscn0964

Dscn0965

本堂です。

Dscn0966

Dscn0967

Dscn0968

内部の見学が可能でしたので、靴を脱いで(ポリ袋に入れて持って)上がり、1階から4階まで見て回りましたが、きれいな仏像や仏画がたくさんあって、さながら仏教美術のミュージアムのような観がありました。

新本堂。

Dscn0970

境内には深川開運出世稲荷もありました。

Dscn0971

この隣にあるのが有名な富岡八幡宮です。

Dscn0994

参道は約80mあります。

Dscn0993_2

Dscn0991

Dscn0972

境内奥にある横綱力士碑。

Dscn0976

Dscn0979

Dscn0980

豪華絢爛たる神輿がガラスの向こうに見えます。

Dscn0988

伊能忠敬の銅像もありました。

Dscn0989

Dscn0990

地下鉄を利用して築地本願寺へ。

Dscn0996

本堂はあいにく改装中でした。

Dscn1000

建物内にあるいくつかの部屋は皆立派な雰囲気。

Dscn1001

Dscn1002

築地本願寺を後にして、佃公園を目指します。

まず渡るのが勝鬨橋(かちどきばし)です。

Dscn1004

橋上からの北側の眺め。

Dscn1009

渡り終わってふと振り返ってみて、なかなか立派な橋だと思いました。

Dscn1010

Dscn1011

西仲橋からの月島橋方面。

Dscn1013

「月島もんじゃストリート」もユニークな雰囲気。

Dscn1015

あろうことか、佃公園に寄るのを忘れて佃大橋を渡り始めていましたw(右端に見える緑地が佃公園)。

Dscn1017

引き返して佃公園へと向かいました。

Dscn1018

公園内にはちょっとした日本庭園もあります。

Dscn1020

「みどりの風の像」がありましたが、なかなか可愛らしくて、いたく気に入ってしまいましたw(右端に見える和風の建物は、江戸時代の灯台を模したトイレです)。

Dscn1022

Dscn1025

すでに夕闇が迫っていました。

Dscn1030

Dscn1031

公園の突端部から見た南東方面。

Dscn1036

中央大橋の夜景です。

Dscn1037

中央大橋から見た東京スカイツリー方面(ライトアップされているのは永代橋です)。

Dscn1039

途中でこんな古風な家屋を見かけました。

Dscn1045

佃大橋を渡り終えるとちょうど船が通過して行きました。

Dscn1047

お次は一路煉瓦亭へ。

銀座エリアに入りました。

Dscn1048

煉瓦亭に到着。

Dscn1053

とんかつの元祖ともされる定番のポークカツレツをオーダー(素朴な盛り付けではありましたがwお味はよかったです)。

Dscn1054

結構暑い日でしたので、水を2杯お代わりしてからこの老舗レストランを後にしました。

深川不動堂

富岡八幡宮

富岡八幡宮のビデオ(1)

富岡八幡宮のビデオ(2)

富岡八幡宮のビデオ(3)

築地本願寺

« 長久保 (安藤広重) | トップページ | ロマンス『ぼくはひとりで道に出る』(レールモントフ作詞) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こういう 雰囲気の所が私に 合っています。いいですね。
深川 築地本願寺って見たことあります。このへんだったのですね。

とりわけ、私は 狛犬が好きで ここのも 面白いものがありますね
シーサーにもにているし、 守り神というか・・どこの狛犬も 顔の
どこかに笑い顔あるように 思います。 狛犬を作った職人は 
楽しかっただろうと 思うのです。

> kawasemi さん

神社に狛犬があるのとないとのでは大違いですね。
一見怖い顔をしているのですが、どこかユーモラスな感じもして、
神社には欠かせないマスコットのようなw存在だと思います。
この狛犬のすぐ近くに別の一対の狛犬があったのですが、
そちらの方は顔面がかなりすり減っていて悲惨な状態でした。
富岡八幡宮の長い歴史を感じずにはいられませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深川~築地本願寺~佃公園~銀座:

« 長久保 (安藤広重) | トップページ | ロマンス『ぼくはひとりで道に出る』(レールモントフ作詞) »