« ロマンス『ぼくはひとりで道に出る』(レールモントフ作詞) | トップページ | 隅田公園(墨田区側)~両国~御徒町 »

2012年9月29日 (土)

北の丸公園~深川

先日、北の丸公園に行ってみました。

Dscn1055

Dscn1059

入り口に当たる田安門です。

Dscn1056

公園に入るや、目に飛び込んでくるのがシンボル的存在の日本武道館

Dscn1060

まずは腹ごしらえということで、すぐそばの「ザ・フォレスト北の丸」というセルフサービス式のカフェへ。

Dscn1062

インテリアはこんな感じ。

Dscn1063

ハンバーガーセットをオーダーしてみました。

Dscn1065

この後、公園内を南下して行きました。

科学技術館のファサード(入館はしませんでした)。

Dscn1066

東京国立近代美術館工芸館(入館せず)。

Dscn1068

ここから再び樹林地帯を北上していきました。

Dscn1070

Dscn1072

武道館(左)とザ・フォレスト北の丸(右)。

Dscn1075

ここで有名な清水門を見忘れていたことに気づき、東へ向かいます。

清水門です。

Dscn1076

上方から見た清水門。

Dscn1081

公園内にはムクゲの花が咲いていました。

Dscn1084

北の丸公園を後にして、地下鉄で清澄白河駅へと向かいます。

まず行きたかったのが、芭蕉庵史跡展望庭園です。

Dscn1086

隅田川の眺めがよいことで有名です。

Dscn1091

Dscn1093

清洲橋はドイツのケルンの橋を模して造られたことでも知られています。

Dscn1094

近くにある庭園を見るのを忘れてしまいましたw

次に足を運んだのが、松平定信の墓があることで有名な霊厳寺(れいがんじ)

Dscn1095

Dscn1096

Dscn1097

本堂はちょうど改修中でした。

お次はこのお寺の隣にある深川江戸資料館へ。

Dscn1135

Dscn1132

常設展示室では、江戸末期の深川の町並みを実物大で再現しています(写真撮影OKだったので、あちこち撮ってみました)。

Dscn1131

Dscn1129

Dscn1126

Dscn1109_2

Dscn1110

Dscn1127

Dscn1111_2

Dscn1112

Dscn1113

Dscn1114

Dscn1116

Dscn1115

Dscn1117

Dscn1118

Dscn1120

Dscn1122

Dscn1123

Dscn1125

Dscn1128

Dscn1134

資料館を出て、前にある「深川宿」という深川飯の名店に入ってみました。

Dscn1136

店内の一角はこんな感じ。

Dscn1137

オーダーしたのは深川めしセット(ざく切りのネギと生のアサリを味噌で煮込んで熱いご飯にぶっかけたもので、江戸時代は、速く食べなければならない漁師さんのための料理だったそうです)。

Dscn1138

浅草などとはまた一味違った江戸情緒を味わった半日でした。

深川江戸資料館のビデオ(1)

深川江戸資料館のビデオ(2)

深川江戸資料館のビデオ(3)

深川江戸資料館のビデオ(4)

« ロマンス『ぼくはひとりで道に出る』(レールモントフ作詞) | トップページ | 隅田公園(墨田区側)~両国~御徒町 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

国立近代美術工芸館へ行きたいです。西丸之内に在るのですね。
京都国立博物館と どこか似ています(七条)
深川飯いいですね。江戸資料館ですが このような町が残ると
家も 人も もっと落ち着くのじゃないかと思います。

> kawasemi さん

深川江戸資料館で観た江戸の町並みは
独特の味わいがあり、なかなか興味深かったです。
せめてミュージアムの中だけでも、あのような雰囲気を
いつまでも残していてもらいたいものだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630167/47222451

この記事へのトラックバック一覧です: 北の丸公園~深川:

« ロマンス『ぼくはひとりで道に出る』(レールモントフ作詞) | トップページ | 隅田公園(墨田区側)~両国~御徒町 »