« 風景   マイコフ   (ロシアの抒情詩 19) | トップページ | 夕べの光 (コッテ) »

2012年7月11日 (水)

秋   マイコフ   (ロシアの抒情詩 20)





森の中では、もう金色の葉が

   湿っぽい地面を覆っている・・・

わが足は臆面もなく

   森の美しさを踏みつける。

寒気で頬が火照っている。

   森の中で、走ったり、

枯枝のばりばりいう音を聞いたり、

   足で枯葉をかき寄せたりするのは楽しい!

だが、ここにはもう以前のような心を慰めるものはない!

   森みずからがその神秘のヴェールを脱いだのだ。

のこんのクルミは落ち、

   のこんの花もしおれてしまった。

苔を持ち上げ、堀りほぐしていた

   チチタケの大群は見えず、

切株のまわりに、

   コケモモの鮮紅色の房は掛っていない。

枯葉の上には、夜長の冷気が

   漂い、上を見れば、

清らに澄んだ空が、

   なんとなく冷やかに顔をのぞかせている・・・

足元で枯葉がざわめく。

   死神がその収穫物を敷き広げているのだ・・・

だが私の気持ちは晴れやかだ・・・

   そして狂者のごとく、心を躍らせる!

私は知っているのだ、苔の間に

   早咲きのマツユキソウを摘んだり、

秋の花も含めて、諸々の花に出会ったことには

   それなりのわけがあったのだ、ということを。

わが魂が花々に語り、

   また花々がわが魂に語ったこと・・・

それらを、冬となれば、いつも私は

   幸福感に満ちて思い出すことだろう!

足元で枯葉がざわめく。

   死神がその収穫物を敷き広げているのだ・・・

だが私の気持ちは晴れやかだ・・・

   そして狂者のごとく、心を躍らせる!





Осень    1856    А.Н.Майков

« 風景   マイコフ   (ロシアの抒情詩 19) | トップページ | 夕べの光 (コッテ) »

ロシアの抒情詩」カテゴリの記事

コメント

この方の詩は 始めてですが 私にはなんと素直に入って
くるのかと 思いました。 ロシアの自然と私の周りの自然は
違いますが、熊野の苔も触れた感触は 同じように思います。

冬になるときの 秋はとりわけ金色になります。ここでは4時半~
5時45分の頃 瞬間に金色になります。 人でなくなる気がします。

> kawasemi さん

秋のロシアの森に入ったことはありませんが、
どういうわけかこの詩の風趣を感じることができます
(かつて日本のどこかで、同じような体験をしているのだと思います)。

異なる時代に生きている異邦人にもわかりやすい
普遍的な美しい情趣を有するこの詩は、けだし傑作だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630167/44413994

この記事へのトラックバック一覧です: 秋   マイコフ   (ロシアの抒情詩 20):

« 風景   マイコフ   (ロシアの抒情詩 19) | トップページ | 夕べの光 (コッテ) »