« 未発表写真集成(モスクワ、サンクト・ペテルブルク篇) | トップページ | 外堀通り(フォト紀行 1) »

2012年7月14日 (土)

未発表写真集成(ロンドン、パリ篇)

以前、ロンドンとパリを旅行した時に撮った写真で、マイフォトに載せなかったもののうち、ちょっといいと思ったものをアップしてみました。

ロンドンのヒースロー空港の内部です。

001036

トラファルガー広場です(左側に見えるライオン像は、日本橋の三越のライオン像のモデルとなったものだそうです)。

001002

ロンドン塔とダブル・デッカーの取り合わせw

001013

バッキンガム宮殿前です(遠方にビクトリア記念碑が見えます)。

001021

衛兵交代式のひとこま(そういえば、わりと風の強い日でした)。

001022

何の変哲もないロンドンの街かど(パリに比べるとかなり地味です)。

001017

ユーロスターの駅の内部です。

001074

ロンドンからドーヴァー海峡を渡って(と言っても、ユーロスターを利用しましたが)、パリへ行きました。

ポンピドゥー・センターの前です。

001040

デカルトも眠っているサンジェルマン・デ・プレ教会

001088

ルーヴル美術館は、その所蔵作品の秀逸さもさることながら、外観も素晴らしく、いろんな角度から写真を撮ってしまいましたw

001047

001048

001050

リュクサンブール公園も素晴らしかったのですが、彫像をほとんど見ることができなかった(と言うよりも見忘れた)のが、いささか心残りです。

001082

001080

セーヌ川に架かる橋の上からの眺めです(ほぼ真ん中にオルセー美術館、その向こうにエッフェル塔の先端が見えます)。

001045

モンマルトルの丘にあるサクレ・クール寺院は、どこから見ても絵になります。

001093

001097

この丘から眺望したパリ市街です。

001098

001099

001101

001102

翌日は、休日ということでシャンゼリゼ通りも閑散としていました。

001135

コンコルド広場からアンヴァリッド方面を望みます。

001138

何の変哲もない街路ですが、結構絵になります。
001134_2

パレ・ロワイヤルは、たしかパリを去る直前に立ち寄ったスポットで、とりわけ印象に残っています。

白い彫像と思いきや、実は生身の人間でしたw

001120

鳩と学生と庭園と・・・

001116

学生たちがいなくなった後の光景・・・

001117

さすがにパリはどこを撮っても絵になりますね。

この時以来久しく外国には行っていませんが、それだけにこの花の都パリのイメージは強いものがあり、忘れがたい貴重なメモリーとなっています。

« 未発表写真集成(モスクワ、サンクト・ペテルブルク篇) | トップページ | 外堀通り(フォト紀行 1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヒースロー空港は昔 乱暴なところだったと思います。 ロンドン
というか、イギリスは好きなところです。馴染みやすい感じしました。
綺麗です。 
かどりさんは カメラワークの見事さに感心しています。いつもです。
空 光 木のシルエット・・・・かなりカメラをやっていなかったらできない
ですよね。木が 話すのは シルエットにされると物語る のですね。

  *私は ブログはやります^^。 私のコメントをしばらく 休みます。
    よろしくおねがいします。

> kawasemi さん

ロンドンの人は気さくで親切だと聞いていましたが、
確かにそんな感じがしました。
記憶によると、こちらがちょっと道に迷ったような
風にしていると、何も訊いていないのに
あるオニイサンが教えてくれようとしていました。
写真は全くの我流ですが、撮るのは好きなほうです。
こちらこそ、kawasemi さんのブログ、引き続き拝見させていただきますので、
よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630167/46313493

この記事へのトラックバック一覧です: 未発表写真集成(ロンドン、パリ篇):

« 未発表写真集成(モスクワ、サンクト・ペテルブルク篇) | トップページ | 外堀通り(フォト紀行 1) »