« 鎌倉めぐり | トップページ | 柴又めぐり »

2012年6月 3日 (日)

シュノンソー城(憧憬スポット 6)

シュノンソー城は、フランスのロワール地方に点在する数ある城館の中でも、最も美しいものの一つで、ロワール川の支流のシェール川をまたいで佇むその姿は優美この上もありません。

この優美さは、もちろんその外見から来るものではありますが、他にもこの城の主(あるじ)が代々女性だったということにも由来しているようで、しばしば「6人の奥方たちの城」などと呼ばれています(以下、歴代の女城主たちの名を太文字で表記します)。

もともとこの城は、1515年に古い水車場の上に建てられたもので、依頼主はトマ・ボイエという財務官だったのですが、彼自身は仕事に忙殺されていたため、妻のカトリーヌのイニシアチブによって完成しました。

1535年には王室に譲渡されましたが、その12年後にアンリ2世が愛人のディアンヌ・ド・ポワティエにこの城を与え、彼女は初めてシェール川にアーチ型の橋をかけました。

しかし、アンリ2世が死去するや、やもめとなったカトリーヌ・ド・メディシスがこの城の所有権を主張し、ディアンヌを追い出して主となりました(ディアンヌのほうはショーモン城へ移り住みました)。

カトリーヌは、橋の上に現在見られるような華麗な大回廊を造り、夜毎に盛大な宴を催し、城館や庭園を舞台に豪華絢爛たる生活を繰り広げました。

この後、シュノンソー城はアンリ2世の息子であったアンリ3世の妃ルイーズの手に渡りましたが、18世紀にはルイーズ・デュパン(デュパン夫人)が主となり、その節度あるサロンには、ジャン・ジャック・ルソーやヴォルテールらの文化人が招かれました。

そして19世紀のプルーズ夫人の大改修を経て、1913年からは有名なチョコレート製造業者のムニエ家が所有者となり、現在に至っています(なお、第一次世界大戦中には、この城館は傷病兵の仮の病院として使用されました)。

見どころとしては、白黒の市松模様が美しい大回廊(長さ約60メートル)、中世の教会風のアーチ型の天井を持つ玄関、そしてディアンヌ・ド・ポワティエやカトリーヌ・ド・メディシスを始めとする貴顕たちの寝室やそれらを彩る美しいタピスリーなどが挙げられます。

また、この城館は二つの美しい庭園に囲まれていて、その花壇には10万本以上もの植物が植えられています。

男性的で壮麗なシャンボール城とはまた違った、女性的で優美な姿をもつこのシュノンソー城は、周囲に広がる風雅な庭園とあいまって、ロワール地方の城館の中でも最も人気のあるシャトーの一つになっています。

シュノンソー城(英語)

シュノンソー城のビデオ

« 鎌倉めぐり | トップページ | 柴又めぐり »

憧憬スポット」カテゴリの記事

コメント

美しいですね~。行かれたのですか^^。素敵です。

ロアール川周辺は お城が美しく有名ですね。私は行ったこと無いですが
あの 庭園は時々テレビや写真に出るものですね。あそこにあったのですね。
16世紀中世最中。そろそろ 宗教改革の起こるきざしの頃ですね。

今は、夜ライトで美しいですが、時々思うのは、その当時の光を 思います。
ろうそく、炬火 月・・ 思い心が増して、現代とまったく違う 館だったと
思います。  あそこの レストランになったところで食事してみたいです。

> kawasemi さん

いつも丁寧なコメント、ありがとうございます。

確かに、昔は電気万能の今とはかなり違う素敵な光景が展開していたでしょうね。
蠟燭の光には独特の趣がありますし、その弱い光のもとで繰り広げられる
夜の饗宴、娯楽、情事・・・ 想像するにつけ魅惑的です。

世界遺産等を見る時には、kawasemi さんのように、
しばし過去にタイムスリップしてみるのも一興ですね^^

旅行されたときの写真 拝見させて頂きました。 カメラマンですか?
あまりの、巧さに驚きました。この構成は、普通できない・・。
それに、いろんなことを勉強されて凄いなと思いました。
絵画・・なるほど、 全てに 一貫性がありますね。凄いです。

空と 雲と 風・・を感じました。   

グム^^久しぶりにきっちり
見せて頂きました^^ あの広場も、思うほど広くないですよね^^。
カメラって 凄いな~。

> kawasemi さん

グムは、残念ながら中には入れませんでした。
なにせ、駆け足の旅行でしたので。
モスクワでも、まだ行ってみたいスポットはいくつかあります。
プーシキン美術館、ソコールニキ公園、ボリショイ劇場で
「イワン・スサーニン」や「白鳥の湖」を観ること・・・

写真は全くの素人で、常に自己流で撮っています。
見苦しくない程度の写真が撮れればよしとする向きなので・・・
これからもあくまで自己流で撮り続けると思います^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュノンソー城(憧憬スポット 6):

« 鎌倉めぐり | トップページ | 柴又めぐり »