« 老婆   ツルゲーネフ   (ロシアの抒情詩 16) | トップページ | ロプーヒナ像 (ボロヴィコフスキー) »

2012年6月 8日 (金)

東京下町散策

今日は6月初旬にしてはとても暑い日でしたが、以前よりいつかは行ってみたいと思っていた名所をいくつか訪れてみました。

まず足を運んだのが、西新井大師(足立区)です。

正式名称は遍照院総持寺で、真言宗豊山派のお寺ですが、弘法大師の創建と伝えられ、川崎大師と並んで有名な関東真言宗の巨刹(きょさつ)です。

Photo

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

Photo_11

この名刹はボタンの花で有名なので、今度はぜひシーズン中を見計らって訪れたいと思いました。

次に向かったのが、旧岩崎邸庭園です。

三菱財閥の創始者であった岩崎弥太郎の息子が建てた邸宅で、設計したのはニコライ堂や旧古河庭園をも手がけたイギリス人、ジョサイア・コンドルです。

Photo_13

2_3

Photo_14

Photo_15

洋館の中(撮影禁止)も見学してみましたが、当時としては破格のモダンなインテリアで、現代人の使用にも十分耐えられそうな印象を受けました。

Photo_16

ここからさらに歩いて湯島天神に向かいました。

Photo_17

Photo_18

ここからまたさらに徒歩で神田明神までたどり着き、写真を撮ろうとしたのですが、なんと電池がなくなり撮影不可能と相成りました。

概して都心の神社仏閣は交通の便がよく気軽に行けるというメリットはありますが、やはり以前に訪れた鎌倉や柴又のような独特の情趣には乏しいような気がしました。

ただ、一度は行ってみたいと思っていた有名なスポットなので、今回行くことができてよかったとは思っています。

« 老婆   ツルゲーネフ   (ロシアの抒情詩 16) | トップページ | ロプーヒナ像 (ボロヴィコフスキー) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東京も良いところたくさんありますねぇ。さすがです。
わたしは、あまり関東の方はよく知らないのです。

あの池などは、地下水でしょうね、昔の方は建てるとき
自然に添って風向きや土壌を 考えていますね。

あの三菱岩崎邸もすごいですね、震災空襲まぬがれたのですね。

> kawasemi さん

まわりにビルが見えるとはいえ、やはり神社仏閣からは
オアシス的な雰囲気がある程度感じられますね。

終生日本を愛し、日本で亡くなったコンドルは、
ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)のような人に思えますが、
彼の素晴らしい作品のいくつかが戦禍をまぬがれたのは幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京下町散策:

« 老婆   ツルゲーネフ   (ロシアの抒情詩 16) | トップページ | ロプーヒナ像 (ボロヴィコフスキー) »