« バラざんまい | トップページ | 横浜中華街 »

2012年5月18日 (金)

『ニコライ堂小史』―ロシア正教受容150年をたどる―   長縄光男著

タイトルが『ニコライ堂小史』とはなっていますが、決してあの有名なニコライ堂という建築物そのものの歴史ではなく、サブタイトルにあるように、ほとんど我が国におけるロシア正教の生成から今日に至る経緯を扱っています。


なぜこの本を読む気になったかと言えば、先日、久しぶりにニコライ堂を訪れ、あらためてそのエキゾチックな姿に魅了され、この建物について少し詳しく知りたいという欲求を抱いたからです。

ニコライ堂という聖堂は、私にとってはかねてから結構なじみ深いものでした。

中学生だった時、美術で夏休みの課題として出された写生の題材としてこのニコライ堂を選びましたが、写生している一中学生のスケッチブックをわざわざ立ち止って覗き込んでくれた人がいたことを懐かしく思い出します。

また、かつてここにはニコライ学院というロシア語を教える各種学校が付設されていて、その夏期講習等にも参加したことがあり、学生時代の懐かしいメモリーとなっています。

さて、この本ですが、全部で64ぺージという、かなり薄めの、どちらかと言えば冊子に近いような体裁をしていて、その分量もさることながら、内容的にも割と分かりやすい筆致で綴られており、短時間で読破することができました。

約3分の2が、日本におけるロシア正教である「日本ハリストス正教会」の最初の布教者となってその発展に尽力したニコライ大主教(1836~1912)について述べられています。

中部ロシアの寒村に下級聖職者の子として生を受け、長じて「正教弘布」の志を抱いて来日し、50年の長きに渡ってたゆまぬ布教活動を続けたニコライの生涯が、かなり詳しく述べられています。

と同時に、他のキリスト教諸派(カトリックとプロテスタント)のわが国における布教の軌跡も述べられていて、なかなか有益かつ興味深い内容となっています。

概してキリスト教は日本ではあまり根付かなかったのですが、著者はその原因として日本人の宗教一般に対する無関心さを挙げていて、言われてみれば確かにそれも与かるところ大であると感じた次第です。

また、ニコライの創設した神学校(もちろん今は存在しません)が、その本来の目的である正教会の優れた聖職者養成という大義名分から逸れて、ロシア語の翻訳や通訳、さらにはロシア研究の分野で多くの逸材(例えばロシア文学作品の翻訳における昇曙夢)を育んでいったエピソードなどがうまくまとめられていて興味深く読めました。

そしてロシア革命や関東大震災という不運に見舞われ、日本においては他のキリスト教宗派よりもはるかに数奇な命運をたどらざるを得なかったロシア正教の歩みが、説得力に満ちた筆致で書かれていて読む者を惹き付けます。

現在のニコライ堂が、オリジナルのバージョン(1891年)ではなく、改築された第二バージョン(1929年)であることは知っていたのですが、今見られる聖堂が、関東大震災(1923年)後にいかなる過程を経て再建されたかが、当時の世相をバックに詳しく語られていますが、ニコライ大主教なきあとのリーダーであったセルギイ大主教の献金集めの際の苦労話等が挿入されていて、今何気なく見ているニコライ堂が建立されるのには様々な人々の大変な努力が要されたことが分かり、いちだんと価値の高い建築物に思われてきました。

手軽に読める薄めの本で、先にも述べたように聖堂そのものについての解説はほとんどありませんが、ニコライ堂関係の他のいくつかの著作もある著者の蘊蓄の深さがうかがわれる好著で、この本を読めば、ニコライ堂というこの東洋でも稀有のビザンチン建築の傑作を見る目がまた変わり、より深く味わえるようになるかもしれません。

『ニコライ堂小史』

« バラざんまい | トップページ | 横浜中華街 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

昔、そういえばあのあたり歩いた記憶があるのですが、なにぶん
そんな関心を持たず通り過ごしました。 ブルガリア、ポーランド
などなど東欧の 拠点の教会ですね(日本では)。イコンなど見て
おけばよかったと思います。
それより、ユーラシア・ブックレット 面白いですね。
日ソ~ユーラシア協会に変わり 多くの本がそこに あるようですね。

> kawasemi さん

ユーラシア・ブックレットは、一般にはあまり関心を持たれない
傾向にある、旧ソ連やロシア関係の情報が廉価で入手できる、
貴重なシリーズだと思います。

美術、音楽等の芸術から政治、経済、風俗、はたまた料理など、
テーマも実に多彩で、しかもアップツーデート的な要素も含んでいますので、
現代のロシアに関心のある人にとっては格好の読み物となっています^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« バラざんまい | トップページ | 横浜中華街 »