« 砂時計   ツルゲーネフ   (ロシアの抒情詩 14) | トップページ | 岳陽楼と滕王閣(憧憬スポット 5) »

2012年5月23日 (水)

アニエールの水浴(愛しの名画たち 10)

ジョルジュ・スーラ(フランス、1859~91)が描いた『アニエールの水浴』(1884年 油彩 201×300㎝ ロンドン、ナショナル・ギャラリー)は、有名な『グランド・ジャット島の日曜日の午後』と並んで、彼の代表作とみなされています。

この作品は、1884年春のパリでのサロンでは落選したものの、同年初夏、創設されたばかりのアンデパンダン展に出品されるや、大いに反響を呼び、この時以来、意気投合したシニャックとともに、スーラは新印象派の旗手として活躍することになりました。

セーヌ川での水浴という主題は、すでにモネやルノワールらの印象派の絵画でもよく取り上げられていましたが、この絵が彼らのものとは異なる新境地を切り開いていることは確かです。

印象派は、光の効果による「移ろいやすさ」とでもいうものをその風景画の中で重視していましたが、スーラの作品においては、印象派が無視していた確固とした造形秩序によってスタティック(静的)なるものが感じられ、「永遠性」が付加されているのが特徴です(この点においてはピエロ・デラ・フランチェスカの諸作品が想起されます)。

Photo
この作品は、私に言わせれば、優れて「近代的」な絵であって、それは遠方の工場の煙突や鉄橋を渡りつつある汽車などもさることながら、(作者が意図したものかどうかはわかりませんが)各人物の間に何のコミュニケーションも存在しないことからくる、一種の「疎外感」が感じられることによります。

この絵の中で一番目立つ人物像は、中ほどでやや猫背気味に座っている青年でしょうが、私が見たところ、なんとなく「虚無的」な感じもしますし、また彼は「いったい何を考えているのだろう?」とか、「何も考えずにただぼんやりしているだけなのかな?」などと、想像をたくましくするのも一興だと思います。

当時勃興していた色彩論や光学論を研究したスーラの「点描法」(一例として挙げれば、右端で水浴している少年が被っている帽子の赤みがかった色は、実は青とオレンジの絵の具の点で描かれているそうです)も取り入れられたこの名画は、いろいろな面で「近代」を感じさせてくれる、新印象主義で描かれた傑作だと思います。

« 砂時計   ツルゲーネフ   (ロシアの抒情詩 14) | トップページ | 岳陽楼と滕王閣(憧憬スポット 5) »

愛しの名画たち」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。 どうも、、先日から詩のことではなく、疲れてたのです。
 この絵は みたことがあります。感情をあえて消した表現でしょうか
それより、 このころはセーヌ川で水浴ができたのですよね。
日本にも、至る所美しかった 溝川化したところがあります。

違っているかもしれませんが フッと プルーストが 浮かびました。

> kawasemi さん

確かにこの絵からは、シスレーやピサロらの作品に含まれているような
抒情性は感じられませんね。
そのぶん、確固とした造形秩序が強く出ているみたいです。

なるほどこの絵は、フランス文学に当てはめるとすれば、
プルーストかもしれませんね。
あと、音楽でいうと、私なら、ドビュッシーあたりに見立てたいところです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630167/44916986

この記事へのトラックバック一覧です: アニエールの水浴(愛しの名画たち 10):

« 砂時計   ツルゲーネフ   (ロシアの抒情詩 14) | トップページ | 岳陽楼と滕王閣(憧憬スポット 5) »