« 書斎の聖ヒエロニムス(愛しの名画たち 6) | トップページ | トゥルク(憧憬都市 13) »

2012年4月26日 (木)

春の夏日(はるのなつび)

4月24日。とにかく暑い日でした!

ちょっと用があって大久保まで行ったので、その帰りに、久しぶりに小石川後楽園にでも寄って写真でも撮って、ブログネタにでもしようか、などと考えていたのですが・・・

最初、昼食は新宿伊勢丹のレストラン街で、などと思っていたのですが、いざ行ってみると、そのあまりのお値段のよさに圧倒され、やむなくいったん外に出ました。

近くの喫茶店にでも入ろうか、と考え、しばらく彷徨しておりましたが、適当なところが見当たらなかったので、結局マックを利用することに。

新宿の書店と言えば、何と言っても紀伊国屋さんですね。特にお目当てのアイテムもなかったのですが、とりあえず入店し、アート関係の洋書を一冊買って(これが意外と重く、その後辟易する羽目に)、記念に一枚写真を撮っておきました。

Photo_3

新宿に来るといつも思うのですが、このあたりは昔からほとんど変わっていませんね。

水道橋駅を降りて、いざ後楽園へ、と思ったのはよかったのですが、予想外の暑さと荷物の重たさに(バッグと例の洋書)辟易しつつ、眼前になにやら遊園地らしい光景が現れてきたので、まずちょっとコチラから、といったところで、東京ドームシティへ行ってみました。

言わずと知れた東京ドーム、ですが、まだ一度も行ったことがありません、というのは正確には誤りで、小学生の時、当時は後楽園球場と呼ばれていた露天球場に親から連れて行ってもらった懐かしい感慨を抱きつつ、観覧車めがけて歩いて行きました。

Photo_4

しかし、どこでチケットを買ったらよいかわからず、ひとまずインフォメーションセンターでガイドマップを入手。

しかしこのマップが意外と難物で、位置関係もよくわからないまま、とりあえずアトラクションコーナーまで降りて行きました。

Photo_5

Photo_8

この北に観覧車があるのですが、やっと入り口までたどり着き、5階の入場券売り場まで上がる途中、3階でお手洗いに立ち寄ったのですが、どういうわけか観覧車をエンジョイする気が失せ、下に降りてしまいました。

風の強い日で、しかも暑苦しく、とても春とは思えないくらいでしたね。

それからは、炎天下(と思ったくらい、とにかく暑く感じました)のもと、しばらくブラブラしていましたが、水分補給の必要性を感じ、自販機でペットボトルのお茶を購入。

ゆっくりと立ち飲みしてから、とある薄汚れたベンチ(どのベンチもきれいじゃありませんでしたが)に腰をおろして通り過ぎる人々を見るともなく見ていたのですが、付近でどこかの中学校とおぼしき団体が記念写真を撮っていました。

しばらく休んでから立ち上がった時には、すでに後楽園になど行く気も消え果てていました。

けれど、次回はもう少し気候のいい時節に、重い荷物など持たずに小石川後楽園に行って、もう少しまともな写真を撮って、いいブログの記事を書いてみたいと思っています。

« 書斎の聖ヒエロニムス(愛しの名画たち 6) | トップページ | トゥルク(憧憬都市 13) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630167/45027077

この記事へのトラックバック一覧です: 春の夏日(はるのなつび):

« 書斎の聖ヒエロニムス(愛しの名画たち 6) | トップページ | トゥルク(憧憬都市 13) »