« 春だ! 窓枠を一枚取りはずすと・・・   マイコフ   (ロシアの抒情詩 8) | トップページ | オデッサ(憧憬都市 11) »

2012年4月 8日 (日)

欧米版ご当地ソング集

今まで耳にした歌の中で気に入っているものを集めてみました。

すべて懐メロの部類に入りそうですが、同時にポップスの中では古典的地位を占めているものばかりだと思います(カッコ内は歌手の名前です)。

1.『ニューヨークの秋』(ジョー・スタッフォード)

2.『想い出のサンフランシスコ』(トニー・ベネット)

3.『パリの空の下』(ジュリエット・グレコ)

4.『モンマルトルの丘』(コラ・ヴォケール)

5.『モスクワ郊外の夕べ』(ドミトリー・ホロストフスキー)

« 春だ! 窓枠を一枚取りはずすと・・・   マイコフ   (ロシアの抒情詩 8) | トップページ | オデッサ(憧憬都市 11) »

ミュージック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧米版ご当地ソング集:

« 春だ! 窓枠を一枚取りはずすと・・・   マイコフ   (ロシアの抒情詩 8) | トップページ | オデッサ(憧憬都市 11) »