« トゥルク(憧憬都市 13) | トップページ | キリストの洗礼(愛しの名画たち 7) »

2012年4月28日 (土)

夜明け   マイコフ   (ロシアの抒情詩 11)

夜明け



ほら、・・・青みを帯びた筋のような

東の空が現れた。

そよ風が暖気と香気を

草原から運んでくる。

やがて空の青さも薄れて、

地平線に、・・・草原で

放牧されている馬の姿が、

さながら彫像のように黒く現れて来る・・・




Рассвет   1863   А.Н.Майков

« トゥルク(憧憬都市 13) | トップページ | キリストの洗礼(愛しの名画たち 7) »

ロシアの抒情詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1630167/44403709

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明け   マイコフ   (ロシアの抒情詩 11):

« トゥルク(憧憬都市 13) | トップページ | キリストの洗礼(愛しの名画たち 7) »